東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
東京都/江東区/墨田区/江戸川区/葛飾区/中央区/荒川区の動物病院
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 HOME
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 インフォメーション
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
コンセプト
組織図
沿革
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 活動内容
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
江東区民まつり
合同慰霊祭
東日本大震災募金活動
各種セミナー
定例会
事業報告書・計画書
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 会員病院(全28病院)
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 里親募集
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
イヌ
ネコ
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 病気・予防
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
春の予防
夏に気をつける事
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 新しい子が来たら
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
イヌ
ネコ
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 会員専用サイト
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
狂犬病ワクチンを受ける事は、法律で決められた義務です!


近年日本では狂犬病を聞く事が少なくなりましたが、狂犬病は人畜共通伝染病です。
犬・猫・人間は勿論の事、ほぼ全ての哺乳類に感染します。


日本では、生後91日以降の犬は4月〜6月中に狂犬病のワクチンを受けることが狂犬病予防法で義務づけられています。また、各自治体へ登録の申請をする義務もあります。


1957年以降、日本国内では狂犬病の発生はありませんがアジア、ヨーロッパ、アフリカなどの多くの地域や国では現在も狂犬病が発生しており、日本に侵入してくることがあるかもしれないのです。その場合、犬が人へ狂犬病をうつす感染源となる可能性が一番高いと考えられます。また、予後も悪く死亡率はほぼ100%です。


そのため、愛犬だけでなく人間への影響を未然に防ぐ手立てとして毎年一回、かかりつけの動物病院や集合注射会場で狂犬病のワクチンを必ず受けるようにしてください。



東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院


ほとんどの病気がウィルスによる原因で発症します。今現在、ウィルスを殺す薬というものはありませんので、予めワクチン接種によって身体に準備してもらい、病原体が侵入したらいち早く対処できる状態をつくる必要があります。ですから、最初だけではなく定期的にワクチン接種を行う必要があるのです。


なかには、感染してしまうと治療法も特効薬もなく亡くなってしまう致死率の高い病気もありますので、出来るだけ忘れずにワクチン接種を行ってください。


4種、5種から8種、9種などのさまざまな種類のワクチンがあります。それぞれ地域性などを考えて病院にあるワクチンの種類はさまざまですので、かかりつけの動物病院へご相談してください。
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
フィラリアは蚊によって媒介される心臓や肺の血管に寄生する糸のような虫で、元気だった犬犬が突然死んでしまう恐ろしい病気のひとつです。


ただしこの病気は毎月予防薬を忘れず飲ますだけで予防することができる病気でもあるのです。現在毎月一回の経口薬やノミ駆虫もいっしょに駆虫できるスポットタイプもありますのでかかりつけの病院でお聞きになると良いでしょう。


また予防薬を飲ませる前には必ず、動物病院で親虫、子虫がいるかどうかの検査をしてから飲ませてください。親虫・子虫がいるのに飲ませてしまうと具合が悪くなってしまうことがあります。
どのくらいの期間予防するかはかかりつけの動物病院でご相談ください。
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
ノミ・ダニは春先から秋にかけて活動が盛んになり、成虫に寄生された犬や猫は血を吸われ貧血やノミの唾液による激しい痒みや、アレルギー性皮膚炎、引っかくことで化膿性皮膚炎を起こしたりすることがあります。


また、ノミが原因となって媒介される猫ひっかき病や瓜実条虫症は犬や猫だけでなく飼い主である人間にとっても注意が必要な人畜共通感染症でもあります。これがいわゆる『ズーノーシス』と言われるものです。
そのため室内で飼育する犬や猫が多くなった現在、ノミ・ダニ対策はより有効な駆除薬を用いて継続的な駆除が大切になっています。


ホームセンターなどで販売されている駆虫薬とは成分も効果もまったく違います。確実に駆虫をお考えであれば病院で動物用医薬品の駆除剤を処方してもらいましょう。


ノミはフィラリアと違い、一年中繁殖可能で、冬季は家での繁殖が一番懸念されます。できれば、一年を通した総合的な駆除と予防を継続して行うのが一番効果的です。詳細はかかりつけの動物病院でご相談ください。


COPYRIGHT(C)2009 動物病院 江東区 墨田区 葛飾区 江戸川区 中央区 荒川区 TEVA ALL RIGHTS RESERVED.