東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
東京都/江東区/墨田区/江戸川区/葛飾区/中央区/荒川区の動物病院
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 HOME
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 インフォメーション
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
コンセプト
組織図
沿革
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 活動内容
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
江東区民まつり
合同慰霊祭
東日本大震災募金活動
各種セミナー
定例会
事業報告書・計画書
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 会員病院(全28病院)
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 里親募集
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
イヌ
ネコ
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 病気・予防
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
春の予防
夏に気をつける事
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 新しい子が来たら
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
イヌ
ネコ
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 会員専用サイト
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院


東京イースト獣医協会 沿革

 城東(じょうとう)とは城の東側の地区のことで、例えば東京都で「城東地区」といえば、かつての江戸城(現在の皇居)の東側、すなわち、葛飾区、墨田区、江東区、江戸川区、台東区を指すのが一般的であり、概ね旧南葛飾郡の地域です。
 そのような城東地区で地域内の数名の獣医師がとあるきっかけで話し合う機会に暫し恵まれ、ボランティア精神や向上心を持っている革新的な獣医師団体を新たに設立したいという気運が高まり、この城東地区に当協会が1997年に誕生しました。
 獣医療を通じての豊かな社会づくりに貢献することを目的にし、同時に会員獣医師やスタッフの技術およびモラルの向上をもって地域社会への還元を目指しました。
また、協会のネーミングには色々な夢を託し「東京イースト獣医協会」(TEVA)と決めました。
当初城東地区の16名の獣医有志により設立された当協会は、獣医療に切磋琢磨してきた、いわば歴史を歩んで来た本当の意味でのプロ獣医師達個々が、強い意識を持って当会に参加し、獣医療の技術向上と、専門家としての業界の発展と親睦を志し、さらには地域奉仕精神の元に活動を展開することになりました。
 現在ではエリア拡大に伴い参加会員病院も28となり、28名の動物病院院長とそこに勤務する60名余の病院スタッフが参加し、ボランティア精神と向上心を変わらずに持ち続け、獣医療を通じての豊かな社会づくりのテーマにたゆまぬ努力を続け、地域社会への還元を誓っています。

◇TEVAはこんな協会を目指しています◇









未来を見つめ、可能性を求め社会と共に新たな価値を作り出します。
生命尊重に対する獣医療技術を提供し、ヒトと動物の共生の架け橋となります。
卓越した獣医療技術と幅広い知識で地域社会の発展に貢献します。
きらめく好奇心と豊かな技術で多くの人々に期待される医療コンテンツを提供します。
活動を通し地域コミュニティとの融和を大切にしたボランティアプロジェクトを形成します。
個性と自主性が織りなすチームワークと相互信頼を誓います。


東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院  東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
・合同慰霊祭の開催 ・江東区民まつりヘの参加 ・各種セミナーの開催
東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院 東京都 江東区 墨田区 江戸川区 葛飾区 中央区 荒川区の動物病院
・夜間救急病院の運営 ・定例会の開催


協会の概況(2009年8月現在)
協会名称:東京イースト獣医協会(Tokyo East Veterinay Association=TEVA)
協会会員病院:21病院
役員数:理事7名  監査2名


1996年
 10月  協会設立準備委員会設立発足(江東区内獣医師4名参加)
 11月  会員参加候補説明会
 12月  第1回設立準備委員会開催(江東区内・墨田区内獣医師12名参加)
1997年
 1月  第1回総会
     正式名称「東京イースト獣医協会」と決定協会定款決定
 2月  参加獣医師2名増員
 3月  参加獣医師2名増員
 5月  定例「学術講習会」開始決定(2ヶ月毎)
 6月  江東区教育委員会要請による「学校飼育動物」指導開始
 10月  「江東区民まつり」初参加
1998年
 1月  第2回総会
 3月  合同慰霊祭
 4月  「猿江公園まつり」初参加
 5月  「学校飼育動物」訪問型指導開始
 6月  江東区教育委員会要請による「学校飼育動物」第2回指導
 7月  参加獣医師1名増員
 8月  定例「最新医療技術講習会」開始決定
 10月  「江東区民まつり」第2回参加
1999年
 1月  第3回総会
 3月  合同慰霊祭
 4月  「猿江公園まつり」第2回参加
 5月  夜間救急病院検討委員会発足
     「学校飼育動物」訪問型指導
 6月  江東区獣医師会との交流検討会発足
     江東区教育委員会要請による「学校飼育動物」第3回指導
 7月  参加獣医師1名増員
 8月  三宅島噴火災害動物救援運動協力
 10月  「江東区民まつり」第3回参加
2000年
 1月  第4回総会
 2月  参加獣医師1名増員
 3月  合同慰霊祭
 4月  「猿江公園まつり」第3回参加
 5月  「学校飼育動物」訪問型指導
     区内幼稚園・小学校の飼育担当教員への
     「学校飼育動物」第1回講演会
 10月  「江東区民まつり」第4回参加
2001年
 1月  第5回総会
 3月  合同慰霊祭
 4月  「猿江公園まつり」」第4回参加
 5月  「学校飼育動物」訪問型指導
 6月  区内幼稚園・小学校の飼育担当教員への
     「学校飼育動物」第2回講演会
 10月  「江東区民まつり」第5回参加
2002年
 1月  第6回総会
 3月  合同慰霊祭
 5月  「学校飼育動物」訪問型指導
 6月  区内幼稚園・小学校の飼育担当教員への
     「学校飼育動物」第3回講演会
 10月  「江東区民まつり」第6回参加
2003年
 1月  第7回総会
 3月  合同慰霊祭
 4月  災害時動物救護活動体制の準備委員会発足
 5月  「学校飼育動物」訪問型指導
 6月  区内幼稚園・小学校の飼育担当教員への
     「学校飼育動物」第4回講演会
 10月  「江東区民まつり」第7回参加
2004年
 1月  第8回総会−−会長交代
 3月  合同慰霊祭
 5月  学校飼育動物」訪問型指導
 6月  参加獣医師1名増員
 10月  「江東区民まつり」第8回参加
2005年
 1月  第9回総会
 3月  合同慰霊祭
 5月  学校飼育動物」訪問型指導
 9月  参加獣医師1名増員
 10月  「江東区民まつり」第9回参加
2006年
 1月  第10回総会
 3月  合同慰霊祭
 8月  企業説明会の定例化決定
 10月  「江東区民まつり」第10回参加
2007年
 1月  第11回総会
 3月  合同慰霊祭
 5月  「夜間救急動物医療センター」設立
 10月  「江東区民まつり」第11回参加
2008年
 1月  第12回総会
 3月  合同慰霊祭
 5月  夜間救急動物医療センター1周年記念式典
 10月  「江東区民まつり」第12回参加
2009年
 1月  第13回総会
 5月  夜間救急動物医療センター2周年記念式典

  
COPYRIGHT(C)2009 動物病院 江東区 墨田区 葛飾区 江戸川区 中央区 荒川区 TEVA ALL RIGHTS RESERVED.